夏ヤゴ ピンク 雄町/泉橋酒造(神奈川県)

個人的には精米歩合が高い日本酒が好みなのだが、このお酒は例外。ブレンデッドウイスキーでもノンエイジ表記のものがあるように、要は味のコンセプトがしっかりしており、そのコンセプトを実現するために精米歩合が低いほうが有効なことも(当然)ある。私が精米歩合が高い日本酒を好む消極的な理由の一つに「この日本酒はどんな味を表現したいのか分からない」ということがある。率直に言えば、コンセプトが持てないのなら精米歩合を上げて勝負するしかないということだ。

 

飛躍を承知で言えば、人生と同じだ。私のような低スペの能無しならコンセプトを持つしか生きる道がないということだ。日本酒は示唆に富んでいる。