一白水成 Premium/福禄寿酒造(秋田県)

一年以上前に一度飲んだことのある日本酒。当時は衝撃を受けるほど美味しかった記憶が残っている。しかし今年はかなり日本酒を飲んでいたため、そこまで期待せずに飲み、良い意味で期待を裏切られた。

 

この一白水成 Premiumの良い点は、秋田県五城目町でその年最も出来の良い米を選んで作るというところ。しかしそういった能書きはこの日本酒には不要だ。

 

 口に含んだ時のアルコール感が繊細な甘さを支えるコクをもたらしているのだが、このアルコール感というのが曲者で、多くの場合不快な余韻を予感させる。しかし今回その予感は覆され、結果的にコクとキレが両立してしまう。日本酒を飲み慣れてくると、口に含んだ第一印象が喉に落ちるまでにどのように変化するかを予想できるようになってくるものだが、先にも述べたように予想は覆され、驚きがもたらされる。

 

初心者にも自分のようにある程度飲み慣れた人間にとってもお勧めできる日本酒。