澤屋まつもと Ultra/松本酒造(京都府)

年末から今日にかけて飲んだので一応2017年の初酒ということになるのかな。実は別に用意していたのだけれど、年末に開けて飲み切れなかったので初酒として感想を書く。

 

淡麗を極めたような日本酒。一口目こそ日本酒らしさを感じなくもないが、良い意味で余韻がほとんどない。居合で言うところの「切られたことにも気づかなかった」みたいな味。単体で飲むよりも刺身などと合わせるのが良さそう。値段は四合瓶で三千円を超えるのでコスパは良くないが、この余韻のキレには驚きがあるので人にもオススメできる。

 

ちなみに今日で開けて丸二日ぐらいになるが、このお酒は即日か次の日までに飲むべきだと思う。丸二日経っても美味しいけれど、切られたことには気づいてしまう。

 

蛇足になるが、開栓する時はシャンパンを開ける時のように気を付けないと蓋がどこかに飛んでいく可能性がある。