石鎚 純米大吟醸 槽搾り/石鎚酒造(愛媛県)

甘く爽やかで優しい味。好きなタイプの味ということもあるが、かなり美味い。

谷川岳 純米大吟醸/永井酒造(群馬県)

個人的には合わなかったけれど、純米大吟醸でアンダー二千円とコスパは優秀。最近は精米技術の進歩のせいか、純米大吟醸でも気軽に飲めるようになってきた。今後重視されるのは、米や水といった原材料の質か、醸造技術か、それともブランド(看板)か。

美丈夫 弥太郎 純米吟醸/浜川商店(高知県)

非常に個性的で、燻したような香りと味がする。燻製と合いそう。

みむろ杉 純米大吟醸 山田錦 火入れ/今西酒造(奈良県)

非常にジューシー。果物にかぶりついたような錯覚すら覚える。美味い。

土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦/仙頭酒造場(高知県)

今年のSAKE COMPETITION<純米吟醸部門>の優勝酒。感想を一言で述べると柔らかい。二位の『勝山 純米吟醸 献』の美しさ、鋭さとは全く異なるタイプであることに驚いた。献を水晶に喩えるなら、この土佐しらぎくは湧水のようだ。冷やし過ぎずに飲むと、軟水を思わせる柔らかさが際立つ。優勝も宜なるかな。

七田 純米大吟醸 無濾過/天山酒造(佐賀県)

佐賀県の日本酒といえば鍋島と並んで有名な七田のフラッグシップ酒。精米歩合45%にも拘わらず米の旨みがしっかり残っている珍しいタイプ。七田に限ったことではないが、このクラスの日本酒(四合瓶で二千円代半ば)にはスペックだけでは予想し切れない驚きを感じることが多い

ひこ孫 小鳥のさえずり 純米吟醸/神亀酒造(埼玉県)

低温熟成酒と聞いていたが味はほぼ古酒。炙った米の味がする。ぬる燗で土手煮と飲みたい一杯。