ネットワークスペシャリスト試験をサボった

全く勉強していなかったのでネットワークスペシャリスト試験をサボった。来年の秋には午前1の免除がなくなるので、どうしてもこの資格が欲しければ来年の春に別の高度試験に合格しなければならない。しかし最早そんなモチベーションは残っていない。

 

試験をサボった理由は先にも述べたように全く勉強していなかったことが大きいが、モチベーションという点ではまた別の理由がある。実は春頃まではIT企業に転職しようと考えていた。自分は実務経験がないので、ネットワークスペシャリストが少しでも履歴書のメッキになるかと思っていたのだ。しかし現実にはメッキにもならないだろうということが分かってきた。実務経験ありきの世界なのだ。そしてネットワークスペシャリスト試験をモチベーション皆無で受かるほどの能力が自分にないことは昨年の秋に証明されていた。

 

あとは意地の問題だ。しかし最近、意地やナニクソという気持ちが自分から失われつつあることを感じる。これが歳を取るということであるとすれば、歳を取るということはとても悪いことだ。ただの言い訳だが。しかしこれまでの人生が言い訳で塗り固められた人間にしか言えないこともある。それは、言い訳をしようがしまいが、残るのは結果だけだということだ。過程すら、過程という名前をした結果だと自分は思っている。そして自分の結果は敗北だということだ。

飛露喜 純米大吟醸/廣木酒造本店(福島県)

クラシックな作りながら穏やかというか嫋やかというか。香りは甘く、口当たりは優しいが辛口。穏やかな辛口、これが飛露喜の目指すところか。

一白水成 Premium/福禄寿酒造(秋田県)

一年以上前に一度飲んだことのある日本酒。当時は衝撃を受けるほど美味しかった記憶が残っている。しかし今年はかなり日本酒を飲んでいたため、そこまで期待せずに飲み、良い意味で期待を裏切られた。

 

この一白水成 Premiumの良い点は、秋田県五城目町でその年最も出来の良い米を選んで作るというところ。しかしそういった能書きはこの日本酒には不要だ。

 

 口に含んだ時のアルコール感が繊細な甘さを支えるコクをもたらしているのだが、このアルコール感というのが曲者で、多くの場合不快な余韻を予感させる。しかし今回その予感は覆され、結果的にコクとキレが両立してしまう。日本酒を飲み慣れてくると、口に含んだ第一印象が喉に落ちるまでにどのように変化するかを予想できるようになってくるものだが、先にも述べたように予想は覆され、驚きがもたらされる。

 

初心者にも自分のようにある程度飲み慣れた人間にとってもお勧めできる日本酒。

澤谷まつもと 守破離 no title/松本酒造(京都府)

マーケティングの香りを差し引いてもロックな名前に恥じない味わい。山田錦の産地はおろか精米歩合すら非公表だが、おそらく東条産で精米歩合は50%前後。米の味わいを前面に出すための精米歩合か。旨いがUltraのような驚きはない。

冩楽 純米吟醸 赤磐雄町/宮泉銘醸(福島県)

雄町の中でも優良とされる赤磐地区の米で作った日本酒。テロワールを感じるほどの違いはないが、一般的な雄町より日本酒の「きつさ」が出ていて、苦味もあるように思う。

八海山 あわ/八海醸造(新潟県)

爆発した。爆発して本がビショビショになった。開栓は風呂場が良いと思う。

 

日本酒としては今までにないタイプであることは確か。発泡による爽快感が凄まじく、日本酒の香りとほのかな苦味だけが舌に残る。味よりも風情を楽しむ酒という印象を受けた。

楯野川 純米大吟醸 源流 冷卸/楯の川酒造(山形県)

原料の良さを感じさせる安定の旨さ。楯野川はいずれも純米大吟醸だが、アンダー二千円の純米大吟醸ではここが一番の蔵ではないだろうか。