楯野川 純米大吟醸 源流 冷卸/楯の川酒造(山形県)

原料の良さを感じさせる安定の旨さ。楯野川はいずれも純米大吟醸だが、アンダー二千円の純米大吟醸ではここが一番の蔵ではないだろうか。

作 純米大吟醸 岡山朝日米/清水清三郎商店(三重県)

はせがわ酒店とのコラボ商品。作らしい華やかさに加えてしっかりした味わい。

澤屋まつもと Tojyo/松本酒造(京都府)

松本酒造とはせがわ酒店のコラボ酒。言わずと知れた東条産山田錦を100%使用しながらほぼ二千円の価格に抑えたスーパーハイコスパ酒。米の旨味と切れ味が半端ない。味だけで言えばその辺の大吟醸も敵わないのではないか。マストバイ

愛宕の松 ひと夏の恋 純米吟醸 ひとめぼれ/新澤醸造店(宮城県)

名前に似つかわしい爽やかな酸が印象的。食用米を使って優れた日本酒を造るのは難しいと聞くが、ほとんど雑味のないお手本のような日本酒に仕上がっている。

石鎚 純米大吟醸 槽搾り/石鎚酒造(愛媛県)

甘く爽やかで優しい味。好きなタイプの味ということもあるが、かなり美味い。

谷川岳 純米大吟醸/永井酒造(群馬県)

個人的には合わなかったけれど、純米大吟醸でアンダー二千円とコスパは優秀。最近は精米技術の進歩のせいか、純米大吟醸でも気軽に飲めるようになってきた。今後重視されるのは、米や水といった原材料の質か、醸造技術か、それともブランド(看板)か。

美丈夫 弥太郎 純米吟醸/浜川商店(高知県)

非常に個性的で、燻したような香りと味がする。燻製と合いそう。