読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加賀鳶 純米大吟醸 藍/福光屋(石川県)

日本酒

やや辛口。しぼりたてらしいフレッシュさもあるが、それ以上にアルコール感が強い。味わいも重め。美味しいとは思うが、良くも悪くも「山田錦精米歩合50%・しぼりたて・中汲み・生原酒」のイメージとは異なる味に仕上がっている。

七賢 純米大吟醸 絹の味/山梨銘醸(山梨県)

日本酒

ラベルには「食中酒としておすすめ」とあるが、やや甘めなので単体で楽しむのも悪くないと思う。毎日飲んでも飲み飽きない味。

刈穂 大吟醸/秋田清酒(秋田県)

日本酒

一口目は甘いが、後味はかなり辛いというこれまで飲んだことのないタイプ。一口目の甘い大吟醸の後味はスッと消えるのが普通だと思っていたので、明確な辛さを感じたのは個人的に驚きだった。開栓から日が経つと後味の辛さが丸くなり、より飲みやすくなる。

不老泉 山廃純米吟醸 雄町 火入/上原酒造(滋賀県)

日本酒

個人的に思い出のある日本酒。口開けから独特の臭みで、「ああこれこれ」と記憶が蘇る。続いて口の中に拡がる辛さ、苦さ、甘さ、そして旨さ。強烈な味わい、これぞまさに不老泉だ。好き嫌いは分かれるだろうが、たまには変わった味のものを、という人にオススメ。

 

最近忙しくて飲み切るのに一週間もかかったのだけれど、味の劣化は殆どなかったように思う。むしろ開けて数日経った後の方が落ち着いた味わいになっていた。もっとも、不老泉らしさを味わおうとするなら、やはり早めに飲むべきだったか。

〆張鶴 吟撰/宮尾酒造(新潟県)

日本酒

美味しいのだけれど、どう美味しいかと訊かれると言葉が出てこない。スタンダードな古き良き日本酒という印象。開けてからの時間に比して香りや味の劣化が少ないのも良い。

 

最近この日本酒の感想に限界を感じる。語彙量的な意味で。

雪の茅舎 純米吟醸/齋彌酒造店(秋田県)

日本酒

一口目は「苦手な味」というのが正直なところだったが、二口目、三口目、二日目、三日目と少しずつ好きになってくる。米の旨みというか、酒の旨みというか、そういうものをじっくりと楽しめるお酒。クラシックな作りが好きな人にオススメ。

真澄 純米大吟醸 山花/宮坂醸造(長野県)

日本酒

華やかな香りとは裏腹に「水のような」味わい。良質な日本酒を水に喩えるのは常套だが、このお酒については「水っぽい」と表現する方が正確か。決して水臭いというわけではなく、生のヒラメのような水っぽさだ。精米歩合45%というのが信じ難い(もっと削っているように感じる)。個人的には新境地。

 

二日目になると、水っぽさが多少薄れて日本酒の味わいが出てくる。白身のお刺身と一緒に飲みたいお酒。